「パエリア」のこと、どう思っているだろうか。「生徒」とは、常識的にはどのように認識されているのだろうか。べつに考察してみるってことも無いよ。

俯く彼女を気安く呼んではいけない

HOME

湿気の多い月曜の日没はひっそりと

その上お客さんは、だいたい日本からの観光客という様子だったのでその雰囲気にも驚いた。
店内のお客さんは、ほとんどが買い物目的の日本人という様子だったのでその光景に驚いた。
なんでも、韓国の美容液などは肌の栄養になる成分が多く使用されているらしい。
もちろん、化粧品にも惹かれるけれど店の人の日本語にも凄いと思った。
少しだけなのかもしれないが、日本語が上手い。
私たちは、簡単な英語を使おうと行った韓国旅行だけど、必要ないようだった。
仕事で使用するなら、努力次第で外国語を理解できるということを目にすることができた旅行だった。

熱中して話す姉妹と霧
仕事で、日光市へ向かうことが非常にたくさんあった。
関東地方の北寄りに位置する日光市は栃木県にあり、海に面していない県で、背の高い山に囲まれている。
そのことから、冬が来ると積雪し、除雪車やチェーンが必須である。
秋に差し掛かると、東北自動車道で2泊3日で、行って帰って、また2泊3日という状態がとても多く、雑誌などメディアで日光が登場すると懐かしくなる。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い言葉がある位なので、一度は行ってほしい市だ。
少しだけ紹介させてもらうと、観光客のメインはやっぱり東照宮。
江戸をまとめた家康の眠る場所で、中の厳かな様子に驚くだろう。
あと、いろは坂の上にある日光湯元温泉。
硫黄泉らしく、濁っていて、熱めの湯。
この温泉につかると、冷えにも良いだろうと思う。
日光東照宮が建てられたときには、奥日光湯元温泉を目指して多くの湯治客が集まったようだ。
その様子が想像可能な歴史の深い所がここ日光。
宿泊所の紹介も兼ね,情報誌などに紹介されているこの場所に、また行ってみたいと考える。

気持ち良さそうに歌う兄弟と濡れたTシャツ

ネットニュースを見るけど、紙の媒体を読むのもけっこう好きだった。
現在は、0円で閲覧できるインターネットニュースがたくさんあるから、新聞はお金がかかりもったいなくて買わなくなった。
ただ、読み慣れていたからか、新聞のほうが短時間で多くの情報を得ることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、深いところまで見やすい点はある。
一般的な情報から関連した深いところを調べやすいけれど、一般受けしなさそうな内容も新聞は目立ちにくいぐらい小さくてものせているから目につくけれど、インターネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、アメリカ合衆国のデフォルトになってしまうかもというニュースが目につく。
なるわけないと思うけれど、仮にそうなったら、他の国もそれは影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

ひんやりした木曜の夕暮れは料理を
たばこは体調に百害あって一利なしだ。
など、理解していても購入してしまうという。
社会人になりたての頃、お客さんとして紹介された人材派遣会社の専務のおじさん。
「この体が丈夫なのは煙草と酒のおかげです!」なんて堂々と言っていた。
ここまで言われると、できない脱ニコチンは無しでもいいのかもしれないと感じる。

陽の見えない仏滅の昼はカクテルを

最近、お腹周りのぜい肉を増やさない様にと思い毎晩、筋トレを頑張っている。
自分の娘を俺の足元にしがみつかせて一から数えながら筋トレを行っていたら、わが子とのコミュニケーションにもなるし、しゃべりだしの子供も一から数を覚えこむし、自分の横腹の脂肪も少なくなるし、好都合だと思っていたら、最初は、笑っていた娘も退屈なのか、やらなくなってしまった。

ノリノリで泳ぐ君とよく冷えたビール
個々で、物の趣味や好みがあると思っているけれど、それらを聞くのが好き。
友達に問いかけてみたところ、お金、スベスベのランジェリー恋人のことが好きで仕方ないとの事。
プラス、男の人の血管の出た手首。
それと、ドイツ語の巻き舌。
私には理解できない。
りんごあめ、素肌に直接ニット、香水、ハスキーボイスの若い人が好きだと、話してみた。
もちろん分からないと言われた。
まさにこれは、フェチという言葉がぴったりだという。

悲しそうに吠える兄弟と枯れた森

太宰の「斜陽」は、休みなく読めると思う。
戦争が終わるまでは育ちのいい娘だったかず子が、誰にも負けない女になっていく。
なかなかカッコイイと考えた私。
これだけの、誰にも恐れない気の強さと、強引なくらいの自我が戦争が終わったこの頃は必要だったのかもしれない。
それは置いておいて、上原の奥さんからしたらうざいだろうとも思う。

汗をたらして吠えるあなたと私
きょうは、一カ月ぶりに雨だった。
釣りの約束を息子としていたのだが、雷が鳴っていたので、さすがに危なくて行けそうにない。
あとで外を見たら、雨が降っていなかったので、やっぱり行くということになったのだが、釣りに行く道具の準備を終えて、行ってみたけれど雨が降ってきた。
雨がやんだから釣り場に来ていた釣り人が、ばたばたと釣りざおなどを車に片づけていた。
餌を買って用意していたのにもったいなかった。
天気のよい休みにと言って釣りざおなどをしまった。
来週は晴れらしい。
その時は、次こそ行ってみよう。

雲の無い土曜の早朝に友人と

湾の近くに自分たちは、家があり暮らしているので、大津波を親族が気をもんでくれている。
ことのほか3月の大震災後は、海と家がどのくらい隔たっているのかとか小山は近辺に存在するのかとか話す。
俺だって心配だけど、しかし、面倒なく引っ越し先も見つかるわけではない。
かといって、現実に津波がやってくるとなってしまった時に逃げる道順を特定しておかないととそう思うけれど、海近くしか道がないので、しっかり想定してみたら危ないということがよくわかった。

怒ってダンスする母さんと霧
自分自身、肌が弱く、化粧は少しも使ってはいけないし、化粧水も一部だけだ。
そのことから、果実やサプリの力に任せているが、近頃摂取しているのがゼラチンだ。
飲み物に溶かして、毎日飲んでいるけれど、ちょっとは肌がつやつやになった。
そして、実行してから効果が出るまで、即効性があったので、感心した。

サイト内コンテンツ