あなたが考えている「悪ガキ」と、多くの人が思っている「策略」は、もしかするとまるで違うものかもしれない。そう考えると、ちょっぴり不思議な感じがする。

俯く彼女を気安く呼んではいけない

HOME

涼しい火曜の夜に散歩を

「富士には月見草がよく似合う」という名文を書いたのは作家の太宰治だ。
太宰治は、バスで、御坂を越え、今の甲府市まで向かっていた。
そこでたまたま乗り合わせた老女が「あら、月見草」と独り言を言う。
その時、反応した彼の目に入ったのが月見草、その隣に大きな裾野をもつ富士山である。
富岳百景のこの部分は、日本一の名山を知るに欠かせない。
たくさんの作品に引っ張りだこの、3776mの名山だ。
どの角度から見ても同じく、整った形をしているために、八面玲瓏と言うワードが似合うと口にされる。
間違いないと思う。
私が大好きなのは、雪をかぶった名峰富士だ。

天気の良い休日の明け方に食事を
5年前、短大を卒業してすぐ、友人と3人で船に乗ってソウルに旅に行った。
未経験の日本以外の国で、ロッテホテルに2泊3日の滞在だった。
メインストリートを散々見学して、はしゃいでいたけれど、途中で道に迷った。
日本語は、浸透していないし、英語も全く通じなかった。
パニックになっていると、韓国人のお兄さんが、達者な日本語で戻る方法を教えてくれた。
少し前に福岡に来て日本語の知識習得をしたとのこと。
それがあって、無事、素晴らしい海外の旅を続けることができた。
帰国の日、駅で道を案内してくれたその人になぜか出くわした。
「またおいで」と言われたので、私はここが大好きになった。
いつも行ける時には韓国への旅が実現される。

雨が降る週末の日没はカクテルを

怖い物はたくさんあるけれど、私は海が怖くて仕方ない。
しかも、沖縄やハワイなんかの淡い水色の海ではない。
もっと上を行くのが、駿河湾などの濃い海だ。
ついつい、水平線に囲まれている・・・という状況を想像してしまう。
それが経験したかったら、open water というシネマがお勧め。
スキューバーで海上に置いてけぼりの夫婦の、会話のみで話が進んでいく。
とりあえず、私には恐怖の内容だ。
現実に起きてもおかしくない事なので、感情移入は大変伝わると思う。

雲の無い金曜の午前に散歩を
旅に行きたくて思い焦がれていた土地、それは真鶴半島だ。
ここを知ったのは真鶴というタイトルの川上弘美の文庫本。
内容が深く、私の幼い頭では、まだまだ深い感動はできていないと思う。
代わりに、話の中の真鶴半島の様子が大好きで、行ったことのない真鶴に憧れを抱いていた。
静岡県の、神奈川県との境目に位置する所がここ。
半島の先が真鶴岬。
岬の少し先、海上に見えているのは三ツ石という大きな岩が3つ。
真ん中の石の上には鳥居としめ縄があって潮がひいたら歩いてたどり着ける。
思いかなって、本物のこの風景を見に行くことができた。
私のカメラの中身はここの風景写真がいっぱい。
旅館の女将さんにここに住みたいと話すと喜んでくれた。

ゆったりと叫ぶあの子と季節はずれの雪

社内で出会った女性がいる。
変わった人で、トークの内容がどれも興味深かった。
おまけに彼女は資格大好きだということ。
幼稚園教諭の免許、クレーン免許、小型船舶の免許。
観光英語検定1級、フランス語検定2級、元スチュワーデス。
公認会計士も受かったと言っていたような・・・。
さすがにこのことを幼馴染に話したら、あなたの勘違いもあり得ると思う、など言われたけれど。
彼女は、父親と同い年の上司と職場結婚で退職していった。

陽の見えない火曜の朝に散歩を
2日前、番組で、マクドのナゲットの食感をまねたものといって紹介していました。
たいそうおいしそうだなと思って、嫁にしてもらったが、マクドナルドのチキンナゲットの食感では絶対にないけれどおいしかったです。
なんというか衣がちょっと違ったのだけれど、中は、同じチキンなんだから、私程度では、ちょっとの異なるところはわからなくてすごくおいしかったです。

雨が上がった水曜の明け方はお菓子作り

暑い時期らしいことを特別していないが、仲間と今度、コテージをかりてBBQを行う。
暑い時期の流れだけれど、たまには、息抜きになる。
男のメンバーが少ないので、大変色々となんやかんや準備をしないといけない。
特に、炭に火をつけたりが、女の人は苦手な人がたくさんなので、してあげないと。
そうは言っても絶対に全員でワインをがぶがぶ飲むその時は、ビールをほどほどにするように気をつけよう。

どしゃ降りの祝日の夕暮れに冷酒を
江國香織の小説に出てくる女の人は、陰と陽を持っていると思う。
不倫を責めない。
恋の一種ではあるが、本当に好きなのは旦那様だけのただ一人。
という女の人たちがよく登場するような気がします。
不貞行為を陰だと思えば、旦那さまは陽。
ふとした瞬間に別の自分が入ったように陰が現れる。
不倫に対する考えはシカトして、その登場人物を見つめる。
自分の中にもう一つの恋や新たな価値観が登場することもありえる。

どんよりした火曜の夜は足を伸ばして

知佳子が、マンションのベランダで、トマトを育てている。
実がなったらトマトケチャップを作るらしい。
実際、まめに水を与えないし、近くでタバコをふかすので、彼女のトマトの環境は全然良くはない。
丸1日、何もあげなかったと言う時期の、トマトの見た目は、緑色の葉がだらりとしていて、まさにがっかりしている様子にそっくりだ。
申し訳ない気分だったので、水分を豊富にあたえると、次の朝には生き生きと復活していた。

湿気の多い土曜の早朝にビールを
この国には、数えきれないくらいの祭りが催されているだろう。
実際に確認したことはないけど、じゅうぶん知っている祭事は、秩父夜祭りである。
絢爛豪華な彫刻を施した、笠鉾が2基と屋台が4基。
秩父祭り会館を見学した日に、実際の様子を写したDVDや実際の大きさの物を見た。
寒い12月に行われているので、冬祭りという別名でも呼ぶみたいだ。
実際に見てみたい祭事の一つだ。
秩父夜祭とは反対に、夏に行われるのは、箱崎のほうじょうやがあり、万物の殺生を禁じる祭事。
昔は、このお祭りの開催されている間は、釣りもしてはいけなかったという。
受け継がれてきた祭事も重要だが、私はりんごあめも同じくらい好きだったりする。

サイト内コンテンツ