「恋」のこと、どう感じる?「チャーハン」って、一般的にはどのように思われているんだろう。べつに考察する気分になったわけじゃないよ。

俯く彼女を気安く呼んではいけない

HOME

涼しい祝日の晩はお菓子作り

南九州のお歳をめしたの女の人は、日ごとに、生花をお墓になさっているから、なので、お花が豊富に必要で、花農家も山ほどいる。
晩に、マイカーで駆けていると、菊の為のの灯火が頻繁に晩に、マイカーで駆けていると、菊の為のの灯火が頻繁に目に入る。
人家のライトはとても少ないかたいなかなのだけれど、菊の為のライトはちょくちょく視野にはいってくる。
電照菊ライトはちょくちょく見えても人の通行はたいそうほんの少しで街灯の光も大変少なく、危ないので、高校生など、駅まで送り迎えしてもらっている子ばかりだ。

泣きながら大声を出す父さんと履きつぶした靴
身体検査は、例年なぜか引っかかる。
心臓だったり、数値だったり、尿だったり。
胃の検査を発泡剤とバリウムを飲み干して受けてみて、結果をもらうと、がんの疑いがあり、急いで、検査を指定の病院にて受けてください。
と書きつけてあったのには、あせった。
あせったそして、おっかなかった。
即時に評判の良い病院に胃カメラに行ったら、結局、胃炎だった。
胃は前から痛くつらかったので、定期診断に引っ掛かったのはわかるが、文字で自分の名前と胃がんの疑念があると記載してあったらおそろしかった。

悲しそうに歌うあの人と失くしたストラップ

仕事用で何着か少しだけスーツに合うYシャツを所持しているけれど、毎回買う時に何枚も試しに着てみる。
それだけ、着てみた感じに執着するのも珍しいかと思った。
そんなときに、昨日、シャツはオーダーでという方がいたので、非常に驚いた。
もちろん、シャツ一枚でカッコよく見えるからかな、と思った。

寒い火曜の午前に目を閉じて
珍しく不安な精神に浸ってしまい、何も苦しくなった。
特に原因がないし、突然悲観的になったり、今までの事が無駄なことに感じられたりした。
そんな時に、急に仕事がはいった。
コンテンツは有名な野外の催しで大手案件だった。
ミスってはマズいので、我を忘れてしっかりこなしているうちに、普段の楽観的な気持ちに戻ってきた。
そういえば、安定感がない時、昼間に日差しを浴びようと思ったりしなかったと思う。
夜型にならないで活動するのも良い事だと思った。

息絶え絶えで跳ねる姉ちゃんと花粉症

よく聞く歌手はいっぱい居るけれど、最近は日本以外の曲ばかり選んでいた。
しかし、邦楽の音楽家の中から、大好きなのがCHARAだ。
CHARAは多数の楽曲を世に送り出している。
有名なのは、シャーロットの贈り物、タイムマシーン、罪深く愛してよなんか。
私たちの国、日本数えきれないくらいミュージシャンが知られているが彼女はcharaは独特の個性がキラリと見える。
国内には、海外で仕事をする音楽家もたくさんいるが、charaも人気が出るような気がする。
あたしなんで抱きしめたいんだろう?「あたしを無人島に持って行って」
こんなタイトルが思いつくことにビックリする。
ほとんど作詞と作曲も兼ねていて、個人的には、感性豊かでカリスマっぽい魅力がある存在だ。
JUDY&MARYのYUKIとコラボし、トップ10入りした、「愛の火、3つ、オレンジ」も、最高。
似合っていたから。
誰もが一度、思う、思われたいような事柄を、工夫してキャッチフレーズのように表しているから。
キャッチフレーズのコンテストなどに入賞されそうだ。

風の無い日曜の晩は立ちっぱなしで
今時のネイルサロンは、ジェルなど、非常に難しい技が使用されているみたいだ。
ちょっとだけ安くなる招待状をくれたので来店してみた。
私は、柄やシンプルさに関して、悩んでしまうので、決めるのに時間を要した。
親指にちょっとネイルアートをしてもらって、その日は上機嫌になった。

目を閉じて話す姉妹と飛行機雲

夏季で催しがめっちゃ多くなり、今日この頃、深夜にも人の通行、車の通りがとてもたくさんだ。
地方の奥まった場所なので、常日頃は、夜、人の往来も車の行き来もそれほどないが、花火やとうろうなどが行われており、人通りや車の往来がものすごく多い。
常日頃ののんびりとした夜半が妨害されて少々うるさいことがうざいが、通常、元気が僅少なかたいなかがにぎやかさがでているように見えるのもまあいいのではないか。
周辺は、街灯も無く、暗夜なのだが、人の往来、車の通りがあって、活気があると陽気に感じる。

勢いでダンスする友人と僕
ここまでネットが必需品になるとは、幼かった私はよくわからなかった。
物を売る店舗は今の時代競争が激しくなるのではないかと考える。
パソコンを活用し、できるだけ価格の低い物を発見することが難しくないから。
レースが激しくなったところで、ここ最近よく目につくようになったのが成功のためのセミナーや情報商材だ。
もう、手段が売れるようにな時代で、何が何だかよくわからない。
手段と目的を取り違えてしてしまいそうだ。

気どりながら跳ねるあいつと濡れたTシャツ

アンパンマンは、幼児に人気のある番組だけれどめちゃめちゃ暴力的だと見える。
ストーリーの最後は、アンパンチとぼこぼこにして話を終わりにするといった内容が非常に多いと感じる。
子供にもたいそう悪影響だと私は思ってしまう。
ばいきんまんとどきんちゃん達が、たいしてひどいことをしていない話の時でも暴力で解決する。
アンパンマンは、ばいきんまんとかびるんるん達を見たら、やめろと怒鳴りながらすぐに殴りかかっている。
わけを聞かない。
話をするわけでもない。
ただ、ぶん殴って解決するからいつになっても改善されず、いつも同じ内容だ。
きっと原作は暴力的でないかもしれないけれど、テレビ向きにする必要があってそんなふうになっているのだろう。

自信を持ってお喋りする姉ちゃんと草原
北方謙三版の水滸伝の人間くさく男らしい作中人物が、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、目立った人物が108人でてくるが、敵方、政府側の登場キャラクターも人間くさいのがいて、血が通っていると感じる。
人物に人間くさいもろさがうかんでくるのも重ねて、心酔していたわけだ。
心が弱いなりに自分の目標とか未来の為に能う限り 頑張っているのが精読していてひきつけられる。
読み進めていておもしろい。
しかれども、心ひかれるキャラクターが悲しい目にあったり、夢がなくなっていく流れも胸にひびくものがあるからはまる長編小説だ。

サイト内コンテンツ