脱毛症について学習したいと思っていらっしゃる人は多いのではないでしょうか?このHPを読んで脱毛症について勉強してみてはいかがでしょうか。

脱毛症

薄毛で悩まない!女性のための育毛剤とサプリメント


HOME



脱毛症とは


脱毛症

髪があるべきところに髪がなくなり、皮膚が露出して見えるような状態を脱毛症と呼んでいます。
人間の髪は一定の周期で生えかわっており、毎日70本から80本が抜けていきます。
抜け毛のスピードが早まり、髪の量が少なくなってしまうと、その部分の髪がなくなってはげになります。
体毛は体じゅうにありますが、一般的には脱毛症は頭です。
体全体の体毛が抜け落ち、新しい毛ができない状態のことを、全身脱毛症と呼んでいます。
世間の印象では、脱毛症は男性がなりやすいというものがあるようですが、女性でも脱毛症にはなります。
原因や症状によって、脱毛症は数パターンあります。
生まれつきの脱毛症が先天性脱毛症です。
生まれてから2、3カ月は軟毛がありますが、その後毛がないという状態です。
円形脱毛症は脱毛範囲が円形になる特徴があります。
壮年性脱毛症は、20代〜30代とまだ若いうちに発症する脱毛症です。
年をとってから起きる脱毛には、40代以上の老人性脱毛症があります。
精神的なストレスが脱毛の原因になることがあり、うつや神経症、ヒステリーによる抜毛症もあります。
脱毛症の原因が、抗腫瘍薬の使用や、腸チフス、糖尿病、慢性感染症にあることもあります。
これらは病候性脱毛症といいます。

円形脱毛症


脱毛症

円形脱毛症とは、どういった症状なのでしょう。
脱毛症状が確認できるエリアがわかりやすく、円状で、少しずつ広がっていくという特色があります。
10円はげという異名もありますが、脱毛範囲が10円玉状であることが多いことからです。
要因は色々とありますが、内分泌の以上や免疫の問題、あるいはストレスや遺伝が関係しています。
精神的な要因で円形脱毛症になった場合、ストレスの原因がなくなって半年くらいで治るといいます。
ストレスになっている出来事を解決することができない場合、なかなか症状が回復せず、円形脱毛症の症状が継続することもあります。
いずれの年齢でも、円形脱毛症になることがありえるようです。
小学生以下の子どもや、20代から30代の青年層に多く、女性の方が少々多いというのが一般的な見解です。
円形脱毛症の発症が単発だったならだんだん治ることもありますが、一旦治ったものの再び円形脱毛症の症状が出る多発型も存在しています。
頭部全体に脱毛症状が出る脱毛症もあります。
前頭脱毛症といい、同時多発的に円形脱毛症になっているものです。
まつげやまゆげも脱毛する悪性脱毛症もあります。
薬を使ってアレルギーの症状を抑えたり、血液の流れを改善して発毛を促すための薬が円形脱毛症では使われています。
ステロイドのぬり薬や内服薬、血流を改善するぬり薬などが用いられます。
皮膚科にかかれば、円形脱毛症の症状が見てもらえます。
精神的な理由からの症状なら医者にかからずともいいこともありますが、診察してもらった方が安心てす。

壮年性の脱毛症について


様々な脱毛症がありますが、遺伝が理由なのは壮年性脱毛症です。
大抵の場合、何年かかけながらじっくりと脱毛は進みます。
その人のヘアスタイルによっては、最初のうちは脱毛に気づかず、気づいた時にはかなりの薄毛になっていることもあります。
休止期、成長期、退行期という3つの時期が髪にはあり、常に新しい毛に生えかわっています。
壮年性脱毛症になると、成長期が1年程度しかありません。
毛根の下には、毛包という髪をつくる組織があります。
この組織が小さくなったために、毛自体が細くなります。
ホルモンバランスの変化が、壮年性脱毛症には関係しています。
男性ホルモンの影響によってひげや胸毛が濃くなり、頭髪が薄くなるというものです。
男性に多いですが、女性でも壮年性脱毛症にはなります。
またの名を、若ハゲとも呼ばれています。
円形脱毛症と同様の方法で治療は行われます。
自分自身の別の部位の毛を頭につけるという、自家植毛手術もあります。
使う体毛は、皮膚ごと切って採取したものです。
壮年性脱毛症の進行は初期段階でストップさせることができるため、早めの対策が大事です。
脱毛症を扱う病院や、皮膚科に行って専門医の判断を仰ぎましょう。




Copyright (c) 2018 薄毛で悩まない!女性のための育毛剤とサプリメント All rights reserved.

▲TOP