「酢豚」のことを好きな人もいれば、嫌いという人もいるはず。なにも思わない人も。あなたが考える「手品師」って、どう?

俯く彼女を気安く呼んではいけない

HOME

自信を持って大声を出す先生と壊れた自動販売機

ちかちゃんの彼氏のSさんの働く物産会社で、朝食用に梅干しをお願いしている。
酔っぱらうと電話をくれるSさんの後輩のEくんという男性は、言ってることが分からな過ぎてトークがかみ合ったことがない。
ノンアルコールの時のE君は、非常に人見知りらしく、そう多くは返答してくれない。
だから、一回もEくんとは満足いくくらい会話をしたことがない。

雪の降る土曜の明け方はお酒を
頼まれて、山の竹の切り倒しをお手伝いしていたが、モウソウダケがものすごく多くてきつかった。
知人が山の管理を両親から継承して、モウソウダケが密集しすぎて、伐採しても運び出しづらかったらしい。
私たちは、ちょっと仕事で使う竹が手に入れたかったので、いただけることになり、タイミングが良かったが、竹やぶになった里山から運び出すのもつらかった。

喜んで歌う妹と冷たい雨

いつも、できるだけ大人しめのファッションが好きな私は、大変ビビられるけど。
タイツや靴やドレスまで揃い、統一して身につけたいと考えれば破産しそうだ。
それでも、ジル・スチュアートは魅力的だ。

蒸し暑い金曜の夜明けに椅子に座る
遠くの家元で暮らす妻の母も孫娘だといって、とってもたんまり手作りのものを仕立てて送ってくれている。
キティーちゃんがめちゃめちゃ好きだと伝えたら、その布で、作成してくれたが、縫物の為の生地の価格がめちゃめちゃ高額であきれていた。
仕立てるために必要な布は横、縦、上下の方向が存在していて手間だそうだ。
けれども、たくさん、裁縫してくれて、送ってくれた。
孫娘はめっちゃかわいいのだろう。

控え目に熱弁する兄弟と草原

太宰治の人間失格を読破して、主役の葉ちゃんの想いも理解できるな〜と思った。
主人公の葉ちゃんは人間なら必ず抱いている部分を、多く持ち合わせている。
それを、内側に秘めないで、酒だったり女だったりで、発散させる。
物語の終盤で、行きつけのバーのマスターが、「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と話す。
その一言で、主役の葉ちゃんは要領がよくないんだと、心から気の毒に思ってしまう。

雨が降る平日の昼に足を伸ばして
動物を見るためにとってもふんだんに歩く動物園は、9月はものすごく蒸し暑くて疲れる。
知人夫婦と子供と自分と妻と子供と連れだって観覧しに行ったが、とても暑くてつらかった。
ものすごく蒸し暑いので、猿もゾウも他の動物も多くが歩いていないしし、遠くの物影に隠れていたりで、あまり観察出来なかった。
この次は、ひんやりとした水族館などが暑い季節はいいだろう。
子供が大きくなったら夜の水族館や動物園もたまらなさそうだ。

薄暗い仏滅の日没に窓から

今更ながら、任天堂DSに虜にされている。
最初は、英検対策に英語漬けや英語関係のソフトを購入していたのみであった。
だけど、電気屋さんでゲームソフトを選んでいたら他の物に気になってしまい、気に入るとすぐに欲しくなってしまう。
スーパーマリオやマリオカート、逆転検事など多数。
変わり種で、旅の指さし会話帳も売れているらしい。
これは、電車内などのちょっとの空き時間には活用できそうだ。

喜んで跳ねる妹と暑い日差し
社員で頑張っていた時の大好きな先輩は、親が社長で、どう考えてもお金持ちだった。
小柄で素直でとにかく元気な、動物を愛する先輩。
動物愛護グループなど設立して、しっかり運動をしているようだった。
革を使用しない、ベジタリアン、動物実験取りやめ賛成。
一回、マンションに訪れたことがあった。
一等地にあるマンションの最上階で、国会議事堂が見下ろせる場所。
先輩は、毛並みが清潔な白い猫と一緒に住んでいた。

陽気に大声を出す彼女と電子レンジ

名の知れたお寺であろう、斑鳩寺、つまり法隆寺へ訪問した。
法隆寺式の伽藍配置も充分見れて、五重塔、講堂も見学できた。
資料館で、国宝にも指定されている玉虫厨子があり、思っていたよりも小さなものだった。
このお寺様について勉強するには思いのほか、多くの時を欲するのではないかと思う。

雨が上がった仏滅の夕方は昔を思い出す
旅でも業務でも、韓国に行く機会が多い。
中でも、港町である釜山。
観光ももちろんだが、女の人だったらコスメや小物など興味がある方も多いと思う。
この国では外見へのこだわり、つまり自分磨きに関しての情熱は強い。
就職活動や、パートナー探しの際に、日本よりも露骨に判断されるシーンが多いという。
そんな傾向から、韓国の基礎化粧品は、成分が日本の商品より、多く含まれている。
という事で、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが使用後は期待してもいいだろう。

関連リンクやお役立ちリンクです。

関連リンクやお役立ちリンクです。


引っ越し料金 最安値
引っ越し業者さんによってずいぶん違う引越し料金。引越料金を比較して、1番安い最安値の引越し会社を見つけよう。